2002年7月のつぶやき


その3

ピアソラランドライブは満席御礼。
今回はメンバーに点滴が必要な急病人も無く(^^;;、
まあそれぞれ、いろいろあるにせよ、
ライブとしては盛り上がったようだ。

10年前、某バンドの担当ディレクターだったE氏も駆けつけてくださった。
帰宅後のPCを開くと、「感激しましたよ。頑張ってるね」とE氏からのメール。
当時は歌謡曲路線まっしぐらがバンドの企画で、
メンバーが自分勝手にゲリラ的にやっていたのがピアソラの曲だった。

打ち上げのお酒は悪友に囲まれて深酒となったが、
二日酔いでも翌朝からヨーロッパへ持ってゆくレパートリーの
シェ-ンべルグとベートーヴェンをさらい、
楽譜と必需品もろもろをスーツケースに詰め込み、成田へ。
ミラノへ着いたら大雨。

旅行携帯用に買った小型モバイルが、買って2日目で液晶にヒビ!!
ショッーック!
それでもなんとか強引に使おうとスーツケースに詰め込んだが
やっぱり無理みたい。
連絡先や予定など分からないものが多くて困る。
修理は帰国後だな。
そう言いながら、欧州用の携帯電話購入。
大雨が続いているのでビニールのカバーをつけてもらった。
これは長持ちさせなければ!



その2

最終リハーサルの日に
「ホームページに”真珠夫人にはまってる”って書いちゃったよーー」って話していたら、
ギターの鈴木大介くんまでも
「いやー僕もはまってましたよ、あれ、、、はまりますよねーー」
と言い出して、音楽家って昼間は昼ドラ見るほど暇なのねーーと
思ってしまった。
でも今放送中の「新・愛の嵐」はまだはまっていない(^^;;;。

ギターの鈴木大介君はコントラバスの東谷くんの大学の後輩でもある。
今回「バンドネオンとギターとコントラバスのトリオ」という、
ピアソラランド始まって以来の男性だけのアンサンブルという出し物が
あるのだが、北村くんも含めてピアソラランド参加の男性人は
音大関係ではない普通大学の出身者ということになる。
そのせいでもないだろうが、
男性陣はお互いに馴染み良さそうに見える。

女ばかりで始まったピアソラランド、いつも女性楽屋がうるさいのだが
今回は男性楽屋もにぎやかかもしれない。


その1

さて、真面目なつぶやきを重ねてしまったが、
帰国後の日々はまたいつもの毎日。
ピアソラ没10年のトリビュートライブを前に、
ぼちぼちと我が家でリハーサルを重ねている。

だいたい、午後1時くらいから夕飯時までがリハーサルなのだが、
実はリハの無い日にテレビをつけてしまって、
うっかりはまってしまったのが、フジの昼ドラの「真珠夫人」なのだ。
高校時代から「夏の嵐」とか「愛の嵐」とか
この時間帯のドラマにはまった経験多々、、、なのだけれど、
この真珠夫人、後半見逃せなくなってきて、
リハの前にいそいそとビデオをセットしたりしている。
ワールドカップ中の試合時間にはリハも避けたりもしたが、
流石に昼ドラのために時間をずらすことはしない。


「真珠夫人にはまっちゃってさーー」
「あ、明後日最終回ですよねーー」
「ああ、るりこは病気なんでしょーー」
え、、北村君もCHICAちゃんもはまってるのーーー??

「今日はリハで見れないジャン、ビデオセットしちゃったよ」
「あ、、、僕もですよーー(^^;;;」

いい味出してる北村君なのであった。